乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の種類 ラブレ菌

ラブレ菌

ラブレ菌は植物性乳酸菌のひとつで、ルイ・パストゥール医学研究センターの岸田綱太郎博士によって発見されたものです。岸田博士はウイルスの増殖を抑えるために人が作りだすタンパク質の一種であるインターフェロンに着目して様々な食品を研究した結果、乳酸菌にたどりつきました。

岸田博士は京都の男性の長寿が全国2位だったという新聞記事を目にしてから、京都人が食べる食品を調べるようになり、そして京都の漬物であるすぐき漬から全く新しい乳酸菌を発見し、ラブレ菌と名づけました。

インターフェロンは、体内に侵入したウイルスなどの病原体感染から体を守るために重要な物質です。がんや肝炎の治療薬としても有名で、もともと細胞がウイルスに感染した時に人の体内で作り出されるもので、感染から体を守ってくれる物質です。

ラブレ菌の効果で最も注目されているものが、免疫力を上げる力についてです。食べ物からラブレ菌を摂取すると、胃を通過して腸まで届きます。乳酸菌は生きたままで腸に届くほうが免疫力をあげる効果が高くなるといわれています。植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも腸内で生きぬく力が強く、そのなかでもラブレ菌は特に強い乳酸菌です。

ラブレ菌は腸内で免疫器官に作用してインターフェロンを生み出す力を高める効果があります。このように病気から体を守ってくれるインターフェロンですが、その中でも現在人間の体内でインターフェロンαを作り出す力を高めると証明されているのはラブレ菌だけです。

乳酸菌の種類


抗血小板剤
抗血小板剤なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

レーシック
レーシックなら吉野眼科にお任せください!