乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の種類 KW乳酸菌

KW乳酸菌

KW乳酸菌は、キリングループと昭和女子大学大学院生活機構研究科の共同で研究されて発見された乳酸菌です。小岩井乳業が保有している100種類以上の乳酸菌もとに研究されて、その中からアレルギーと深い関係にある白血球のバランスが整えられて、様々な可能性があるとされる乳酸菌KW3110株が発見されました。

アレルギー症状と病原菌などの異物に対して抵抗を示す白血球は密接に関わっています。白血球は働きや形によって様々な細胞に分類されていて、その中にTh1細胞とTh2細胞というが2種類の細胞があります。これらは免疫を制御するもので、アレルギー症状を起こしている人の血液では、Th2細胞と関連があるIgE抗体の血中濃度が健康な人よりも濃くなっています。

Th2細胞が増えてしまうと花粉やダニなどのアレルゲンに接触した際にくしゃみや発疹など様々なアレルギー反応が起こるようになります。そのためアレルギー症状を改善するためにはTh1細胞とTh2細胞のバランスを正常に保つ必要があるのです。

アレルギー症状を起こしている状態に乳酸菌KW3110株を摂取すると、血液中でIgE抗体が上昇するのを抑えることができ、Th1細胞とTh2細胞のバランスが改善されて、アトピー性皮膚炎や花粉症によるアレルギー症状が緩和されます。

花粉症やアトビー性皮膚炎などのアレルギー症状に悩む人は年々増加していますが、治療法は副作用が心配される投薬治療や対症療法的手段などが中心となっています。そのためこれからはKW乳酸菌のように免疫力を高める作用のある乳酸菌の効果が期待されるようになるでしょう。

乳酸菌の種類


看護師 白衣
看護師の白衣なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

セリエa 動画
セリエaの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン