乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の種類 植物性乳酸菌

植物性乳酸菌

乳酸菌のプロパイオティクス効果を十分に得るためには、乳酸菌が生きたまま腸に届くことは必須条件となります。植物性乳酸菌は酸やアルカリに強く、過酷な環境下でもある程度生息できる性質をもっている乳酸菌です。

代表的な植物性乳酸菌には、世界中の漬け物の発酵に関わる乳酸菌であるラクトバチルス・プランタラムやラクトバチルス・ブレビス、味噌に含まれている乳酸菌であるテトラジェノコッカス・ハロフィルムなどがあります。

乳酸菌が生きたまま腸に届くことで、腸内に住みついているビフィズス菌をはじめとした善玉菌を増やして、それによって大腸菌などの悪玉菌の働きを抑えることができます。腸内の善玉菌が優勢な状態になると、腸の機能が高くなり消化吸収も良くなって、結果として便秘や下痢の解消や美肌につながっていきます。

野菜を利用した植物性乳酸菌食品の代表に漬け物があります。漬けものは植物性乳酸菌の宝庫であり、食物繊維を多く摂れる食品であることもメリットのひとつです。野菜を漬け込むと水分が抜けるので、サラダなどで野菜を食べるのに比べてより多くの栄養を摂取することができます。

私たち日本人はもともと消化に時間を要する繊維質の多い食生活をしてきたため、腸が欧米人よりも長くなったといわれています。そのため過酷な環境下でも生き抜く事ができる強い植物性乳酸菌が合っているといえます。そして日本人は発酵食品である漬け物などを好んで食べる習慣があることからもわかるように、昔から日本人は自然に自らの体にあった植物性乳酸菌を摂取して腸内環境を守ってきたといえるのです。

乳酸菌の種類


富士宮市の解体工事
http://www.ec-center.co.jp/

代筆
代筆なら書道サービスで!

アンカロン注
アンカロン注なら医療関係者向けの製品情報サイトで!