乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の種類 ヤクルト菌

ヤクルト菌

ヤクルト菌は学名ではラクトバチルス カゼイ シロタ株といい、人の体に有益な乳酸菌のひとつです。1930年に京都帝国大学医学部 微生物学教室で腸内菌を研究していた代田稔博士によって開発されました。胃液や胆汁など強い殺菌力がある消化液に耐えて腸まで到達できる乳酸桿菌を人の腸内から選び出してそれを強化培養したものです。ヤクルト菌は、胃液や胆汁に対しての抵抗性があるため腸内乳酸菌になります。

ヤクルトの名前はエスペラント語でヨーグルトを意味しているヤフルトが由来となった造語です。また学名のラクトバチルス カゼイシロタ株には意味があり、ラクトは乳のことで、バチルスは菌のことなので乳酸菌 カゼイシロタ株ということです。

代田博士は乳酸桿菌を人工胃液や人工胆汁を入れた培地で培養して、生き残った菌を選び出すことによって強化培養し、これを何度か繰り返すことで胃液や胆汁に負けない乳酸菌であるヤクルト菌を作り出したのです。そして1935年に代田博士は福岡市でこの菌を用いた乳酸菌飲料ヤクルトの製造と販売を開始しました。

ヤクルト菌は耐酸性があり、胃液や胆汁によって死滅することはほとんどなく、最終的には排便するまで生き続けられるといわれています。そのため生きたまま腸まで届いて高いプロバイオティクス効果が期待できます。また、ヤクルト菌は酸素の有無に関係なく増殖することが可能な通気嫌気性菌のひとつでもあります。別名をLCSとも呼ばれています。現在のヤクルトは、摂取できるヤクルト菌の数を200〜400億個にまで増やすことでなるべく多くの乳酸菌が腸まで届くように工夫されています。

乳酸菌の種類


ランタス インスリン
ランタスのインスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

抱っこ紐
おんぶ紐・抱っこ紐ならオシャレでとても機能的なsun&beach!