乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の種類 ビフィズス菌

ビフィズス菌

ビフィズス菌は善玉菌の代表であり、乳酸菌の中では最も有名なものです。人間の腸内フローラを形成している細菌のひとつで、1899年にフランスのパスツール研究所のティッシェー博士によって、健康な赤ちゃんの腸内から発見された腸内細菌です。ビフィズスはラテン語で分岐という意味で、ビフィズス菌の形がY型に分岐していることから命名されました。

一般的な乳酸菌は酸素があっても増殖できるのですが、ビフィズス菌は酸素を嫌う性質があり酸素がある場所では増殖することができません。また一般的な乳酸菌は糖を分解して乳酸をつくっていますが、ビフィズス菌は乳酸のほかに殺菌力の強い酢酸をつくり出すという特徴があります。

授乳中の赤ちゃんの腸内の90%以上はビフィズス菌で占められていて、他の細菌よりも優位に存在しています。授乳期の赤ちゃんが腸内感染症による死亡率が低いのはビフィズス菌が多く存在するためと考えられています。これは、ビフィズス菌が作り出す酢酸の働きによって赤ちゃんの腸内は酸性に傾いて、大腸菌や他の病原菌が増殖しにくい環境となっていることと、ビフィズス菌自体が大腸菌などの増殖を抑える働きをするからです。

腸内のビフィズス菌を増やすためには、牛乳やヨーグルトといったビフィズス菌を含んでいる食品を摂ることと、ビフィズス菌をふやす働きをするラクチュロース(ミルクオリゴ糖)などをとり入れる必要があります。生きたまま腸まで届くビフィズス菌が入っている製品がおすすめです。ビフィズス菌は摂りすぎによる害はありませんので積極的に取り入れていってください。

乳酸菌の種類


エアコンクリーニング 岐阜
エアコンクリーニングを岐阜でならまごころ便利屋スマイルで!

プレミアリーグ 動画
プレミアリーグの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン