乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の効果 花粉症改善

花粉症改善

春に近づいてくると気になる花粉症ですが、日本国内で花粉症に悩んでいる方はとても多く、その数は年々増え続けているといわれています。花粉症はアレルギー症状のひとつで、体の免疫機能が体内に侵入してきた花粉に対して過剰反応を起こして、咳や鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こすものです。

本来乳酸菌は人の腸内に存在していて悪玉菌の増加を抑えて、腸内環境を整える働きをしていますが、そのほかにも乳酸菌には免疫機能のバランスを整える作用がありアレルギー緩和に効果があるといわれています。そして最近では花粉症の緩和にも効果があるということで注目を浴びるようになってきました。乳酸菌は花粉に対して免疫が過剰に反応してしまった状態を和らげて、健康な状態に近づけてくれます。

また、アレルギーは腸内の乳酸菌の減少により悪玉菌が増えて腸の機能が低下してしまうことが原因で起こるのではないかといわれています。腸内で増えてしまった悪玉菌は食べ物を腐らせて有毒ガスを腸内で発生させて腸の機能を悪くしてしまうのです。そのため、乳酸菌を摂取して腸内環境を改善することと免疫機能のバランスを整えることによって花粉症が改善できるとされているのです。

乳酸菌は摂取しても腸に定着するのは難しいため、花粉症などアレルギー体質を改善させるためには、継続して乳酸菌を摂取する必要があります。また、乳酸菌だけとっていればアレルギー症状が緩和されるわけではなく、腸内で乳酸菌が活動できる環境を作る必要があり、食生活の改善や生活習慣の改善も同時に行っていきましょう。

乳酸菌の効果


超速効型インスリン
超速効型インスリンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!