乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の効果 ニキビの改善

ニキビの改善

正常な肌は日々細胞分裂をくり返して約4週間ごとに新しく生まれ変わっていますが、腸内の悪玉菌が増えてしまうと、肌のサイクルが乱れて新しい細胞を作り出す力が弱くなってしまいます。そして古い皮膚が長期間残るようになると、血行が悪くなり徐々に肌から若さが失われていくのです。

便秘が続いてお腹の中に長い時間便をため込んでしまうと、腸内では便が腐敗するようになり、悪玉菌がどんどん増えていって有害物質を発生するようになります。腸内環境が悪くなり腸の機能がうまく働かなくなると、せっかく摂取したビタミンやミネラルなどが吸収されにくくなってしまいます。また便とともに毒素が排泄されにくくなると、腸内の新陳代謝が低下して、大腸内にある血管から毒素が血液中に流れだし、最終的に皮膚から排泄されることになります。そして毒素が皮膚に直接ダメージを与えることになり、にきびや肌荒れの原因になってしまうのです。

このように便秘がニキビの原因となることは理解できますが、下痢がニキビを引き起こしている可能性もあるのです。これは風邪や食中毒の場合を除いて、下痢の原因は腸内で悪玉菌が増えてしまうことが原因となっている場合が多いためです。腸内環境が悪化してしまうメカニズムは下痢にも言えることなのです。

腸内環境を善玉菌優勢の状態にして、便秘や下痢を改善することでニキビ予防につながります。食物繊維の積極的な摂取や水分補給と適度な運動によって腸トラブルを改善すると共に、乳酸菌を摂取して腸の善玉菌を増やし、腸内環境を整えていきましょう。

乳酸菌の効果


ランタスソロスター
ランタスソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!