乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の効果 宿便改善

宿便改善

腸の内側の構造は、腸内を流れてくる栄養物を取り込みやすくするためにひだ状になっています。このひだ状の部分に老廃物がひっかかってカスが溜まって硬くなってしまうと、老廃物によって腸壁が塞がれてしまいます。この老廃物のことを宿便と呼びます。

最近では肥満解消や美容のために下剤や浣腸などによって「宿便を取り去る」ことが推奨されていますが、宿便とはどんなものでしょう。宿便は医学的に滞留便と呼ばれています。下剤や浣腸などをむやみに使用することはあまりおすすめできませんが、便秘や滞留便を放っておくと体に悪い影響を及ぼしてしまいます。

便秘などで正常に排泄されずに体内に溜まってしまった不要な老廃物は、毎日排便している人でも2kg〜5kgもあり、頑固な便秘のある人では4kg〜6kgも溜めているといわれています。体内に滞留便があると、どんなにダイエットを試みても、どんなに良いサプリメントを摂取していても効果が得られないことがあります。体内の滞留便が不必要にカロリーを吸収したり、必要な栄養の摂取を阻害している可能性があります。こうして滞留便は腸内で毒素をまき散らして悪玉菌を増やし肌荒れやシミの原因にもなってしまうのです。

腸内環境が悪いと宿便がたまりやすくなります。腸内環境が悪い状態は、善玉菌と悪玉菌のバランスが悪くなり悪玉菌が優位になっている状態です。そのため宿便を解消させるには乳酸菌を摂取して腸内環境を改善していくことが大切です。乳酸菌で腸内の善玉菌を増やして腸内の働きを活発にして、宿便を自然に排泄していきましょう。

乳酸菌の効果


社章の作成
で探すなら

リーガ エスパニョーラ 動画
リーガ エスパニョーラの動画ならサッカー動画ダイジェストマガジン