乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌の効果 下痢改善

下痢改善

便の水分が80〜90%である状態を下痢といいます。下痢は腸内に悪玉菌が増えてしまうことで腸内環境が悪くなり、自律神経で支配されている腸のぜん動運動の乱れが生じることで起きてしまいます。便秘と下痢は全く正反対の状態ですが、実はどちらも腸の働きが正常でないことから引き起こされる症状です。中には食べ物によって体質的に下痢を引き起こしやすい方もいるようです。また下痢と便秘が両方併発する場合もあります。

便秘がちである人は腸内にある善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れているため、腸内を善玉菌が優勢な状態にする必要があると言われています。そのため下痢の人は善玉菌を増やしてしまうと腸内の働きが活性になりすぎて、さらにひどい状態になるのではと勘違いしてしまう方が多いようです。

下痢と便秘が併発するというように、下痢の原因も腸内にある善玉菌と悪玉菌のバランスが乱れていることにあります。乳酸菌で腸内菌叢を活性化させて善玉菌を優勢な状態にしてあげると腸内環境を良好に保つことができ、下痢が改善されるようになります。

腸内環境を改善するために便秘では、食物繊維や水分摂取を進められますが、下痢ではこれらをとり過ぎることで逆に下痢がひどくなってしまう場合があります。そのため下痢の改善のために腸内環境を整えるには、 まず乳酸菌を積極的に取り入れて腸内の善玉菌を増やしていくことからはじめましょう。下痢の改善のために乳酸菌を摂取する場合、キムチには唐辛子が含まれていて、その作用によって下痢を増長してしまうかもしれないためおすすめできません。

乳酸菌の効果


グリメピリド 添付文書
グリメピリドの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!