乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌について 生きたまま届く乳酸菌

生きたまま届く乳酸菌

乳酸菌の種類はたくさんあり、自然界のいろいろな場所に分布しています。また乳酸菌を体内に取り入れる方法も様々あり、現在では簡単に乳酸菌を摂取することができます。しかしそのすべてが生きたまま人間の腸まで届くわけではないのです。

腸に良いという理由からヨーグルトをたくさん食べている方も多いようですが、残念ながら食べ物から摂りいれられた乳酸菌のほとんどは、胃を通る際に胃液や胆汁の殺菌力で死んでしまいます。そのため生きた状態で乳酸菌が腸まで届くことはなかなか難しく、十分な乳酸菌を確保しようとすると、大量にヨーグルトを摂る必要があるのです。

それでは乳酸菌を生きたまま腸まで届けるためにはどうしたらよいのでしょうか。食べ物や飲み物によって体内にとりいれられた乳酸菌が腸内で元気に活動するためには、胃液や胆汁の強い殺菌力にも負けない強い乳酸菌を摂ることが大切です。

最近ではプロバイオティクスという言葉が広まるようになり、乳酸菌の様々な健康効果が期待されるようになりました。そしていろいろな研究により、生きたまま腸まで届く乳酸菌の種類も多くなり、それぞれの菌によって改善される症状や体に及ぼす効果も違っています。例えばピロリ菌を減少させる乳酸菌やアレルギー改善に効果のある乳酸菌などです。

また、カプセル加工された乳酸菌のサプリメントなどもあり、カプセルが胃酸で溶けてしまわないように工夫されています。このように効果や使い方によって乳酸菌を選べるような時代になっています。自分が期待したい効果や症状にあった乳酸菌を探してみるとよいでしょう。

乳酸菌について


抗血小板薬 一覧
抗血小板薬の一覧なら医療関係者向けの製品情報サイトで!