乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌について 善玉菌と悪玉菌

善玉菌と悪玉菌

大腸を中心とした消化管の中に住む腸内細菌の中で、人の体に有害な影響を与える腸内細菌を悪玉菌、有益な影響を与える腸内細菌を善玉菌と呼びます。片方が増えることによってもう片方が減ってしまうといったように、常に腸内では「陣取り」が繰り広げられています。そしてこの腸内細菌の集団は、まるで叢(くさむら)のように群れ広がっていることから腸内菌叢や腸内フローラと呼ばれています。

・善玉菌
主な善玉菌には、腸内ビフィズス菌や腸球菌、ユウバクテリウムなどがあり、腸内環境を整えて健康維持や老化防止に役立ちます。また腸内を酸性にして外から入り込んだウイルスなどの有害な病原菌を撃退して体の免疫力を高める働きをしています。

・悪玉菌
主な悪玉菌には、大腸菌やウェルシュ菌、ブドウ球菌などがあり、健康を害して病気の原因となり、たんぱく質を分解することでアンモニアやインドール、フェノールといった有害物質を作り出してしまいます。腸内をアルカリ性にして免疫力の低下を招いてしまいます。

簡単に体に良いものを善玉菌、体に悪いものを悪玉菌と区別していますが、大腸菌が腸内で栄養分を消費しはじめると負けずに善玉菌も消費しはじめるといったように、腸内では善玉菌と悪玉菌がお互いにライバルとなって競争しあっているのです。

そして健康な腸内環境をつくるためには腸内で善玉菌が優勢となるようなバランスを保つ必要があります。善玉菌は加齢とともに減少してしまう傾向があり、その逆で悪玉菌は加齢とともに増加してしまいます。このように腸内細菌叢のバランスは人間の老化と深く関係しているのです。

乳酸菌について


ランタス 使い方
ランタスの使い方なら医療関係者向けの製品情報サイトで!