乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌について 腸内細菌と腸の関係

腸内細菌と腸の関係

人間の腸の中に住んでいる細菌のことを腸内細菌とよび、乳酸菌も腸内細菌のひとつです。口からとりいれられた食べ物は、胃や小腸で消化され、栄養素が吸収されています。大腸では水分が吸収され、胃や腸で消化できなかった食べ物が分解されて、最終的に残ったカスが大便となります。大腸の中には100兆個以上もの細菌がすんでいるといわれ、それらの細菌は大腸と共生しています。

大腸での腸内細菌の働きのひとつは、小腸から運ばれてきた便を有機酸によって中和させて、弱アルカリ性から弱酸性に性質を変えることです。この働きによって便をスムーズに排泄させることができ、便を排泄する時に肛門周辺の皮膚が荒れてしまうのを防いでいます。

腸内細菌がつくり出している有機酸は大腸のエネルギーとなります。また腸内細菌の中には、ビタミンや酵素などさまざまな有用物質を作り出し、小腸で分解されなかった繊維などを分解して大腸が栄養を吸収するのを助ける働きをするものもあります。

腸内細菌は大腸の働きを助ける一方で、大腸によって助けられることもあります。大腸は食べ物の水分を吸い取って腸内細菌が住みやすい環境を作り、便をスムーズに運ぶために大腸が出す粘液は腸内細菌の栄養分となります。

腸内細菌は私たちが健康を維持していく上ではかかせないもので、私たちが腸内細菌と共に生きているということを示しています。そして腸内環境によって私達の健康は大きく左右されているのです。

乳酸菌について


ポスター印刷
ポスター印刷ならディプリーズ楽天市場店で!

ティアモ
ティアモのカラコンが、セールでビックリ490円でカラコンが買える!