乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌について 乳酸菌の働き

乳酸菌の働き

乳酸菌は体の中で様々な働きをしています。乳酸菌がもつ整腸作用は腸の活動機能を高めて、食べ物の消化吸収を助けています。また、 乳酸菌は便が肛門に向かって流れていく運動を手助けし、便秘や下痢を防いでくれる働きがあります。

乳酸菌は腸内で毒素が作られるのを防ぐ働きをしています。腸内でタンパク質がウェルシュ菌などの悪玉菌に分解されることでアンモニアや硫化水素などの毒素が発生してしまい、これらが体内に吸収されてしまうと便秘や下痢、ガン、老化を引き起こすようになります。

乳酸菌には有毒物質を作る腐敗菌や病原菌の働きを抑制する作用があります。乳酸菌は腸内で酢酸や乳酸を作り、腸内のペーハーを酸性に保って病原菌の増殖を抑えたり、感染症を防ぐ働きをします。

乳酸菌の免疫増強作用は、乳酸菌が免疫システムを活性化させて、風邪や肺炎などの感染症から体をまもる働きのことです。免疫システムを刺激して活性化することで、腸から体内へと進入しようとする細菌やウイルスを撃退して様々な感染症を予防しています。

また、乳酸菌には抗ガン作用があり、ウイルスだけでなく1日に5000個も作られるといわれているガン細胞まで撃退することができます。乳酸菌の作用によって腸内で発ガン物質が合成されるのを防ぐことができます。

乳酸菌は健康増進作用があり、腸内でビタミンB1、B6、B12などのビタミンやニコチン酸、ヨウ素などを生成して体内の栄養を補給する働きがあります。乳酸菌が作り出した栄養素が体内に吸収されることによって健康を維持することができるのです。

乳酸菌について


金持ち父さんや貧乏父さんの秘訣http://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

http://noj-kawanishi.com/

白衣 ケーシー
白衣のケーシーなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

リキスミア 副作用
リキスミアの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!