乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌と腸内環境 腸内改善

腸内改善

それでは腸が健全に働くようにするためにはどうしたらよいのでしょうか。善玉菌が減少してしまうと逆に悪玉菌が繁殖して増えることになり、腸内のバランスが崩れて便秘や肌荒れの原因となってしまいます。腸内を良い状態に改善するためには、腸内の善玉菌である乳酸菌などが元気に活動できる環境を作る必要があります。

善玉菌にとって住みやすい環境をつくるためには、乳酸菌などの善玉菌を増やして活性化させ、腸内細菌叢のバランスを整えていくことが何よりも大切です。しかしそのためには単純に乳酸菌を飲めばいいというわけではありません。乳酸菌は体温や胃酸に弱い性質でほとんどが胃の中で死んでしまいます。どんなに乳酸菌を多く摂ったとしても腸まで届くのはほんのわずかなのです。

腸内改善のために大事なことは乳酸菌そのものを摂るだけでなく、すでに自分の体内に存在している善玉菌に栄養を与える必要があります。効率的に腸内環境を整えるためには今現在腸内で活動している善玉菌にエサを与えて活性化させることが重要なのです。例えば乳酸菌はオリゴ糖とエサとして増殖していくものなので、オリゴ糖を含むものと一緒に摂取していくと腸内改善につながっていきます。

しかし善玉菌を増やすためには食生活や生活習慣を改善させることも忘れてはいけません。規則正しい生活を心がけて、食物繊維や和食を中心とした食事を習慣にすることで少しずつ善玉菌優勢の腸内環境に変えていきましょう。

乳酸菌と腸内環境


観葉植物のレンタルを東京で
http://www.rental39.com/