乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌と腸内環境 健康は腸から

健康は腸から

人間の腸の中には100種100兆個もの腸内細菌がすんでいて、重さにすると約1kgともいわれ、私達が排泄している便の半分はこれらの腸内細菌の死骸であるといわれています。

腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌、日和見菌の3つのグループがあります。健康な人では善玉菌の数が優勢で、常に一定のバランスが保たれています。そしてこのバランスが崩れてしまうと体調の変化や様々な症状を引き起こすようになります。

本来赤ちゃんは無菌の状態で生まれてきて、ビフィズス菌は出産後に雑菌とともに体内に入って来て腸内にすみつくようになります。そして母乳やミルクに含まれているラクトースをえさとして徐々にビフィズス菌が増殖してきます。母乳を飲んでいる間は赤ちゃんの腸内細菌の95〜99%をビフィズス菌が占めるといわれています。しかし乳幼児に多く存在していたビフィズス菌は年とともに減っていき、いずれ悪玉菌である大腸菌やウェルシュ菌の方が優勢になってしまいます。

悪玉菌が優勢になって健康がそこなわれてしまうと、腸内バランスはさらに崩れて有害菌もどんどん増加しいくという悪循環に陥ってしまいます。人間はビフィズス菌などの善玉菌が腸内に15%の割合で存在していないと健康を維持することができず、有害物質を生成してしまう悪玉菌が増加していくとどんどん老化が促進されていきます。このように老化は腸から始まっていくのです。そのため健康を維持していくためには、まずは腸内改善から始める必要があるのです。

乳酸菌と腸内環境


ドセタキセル 副作用
ドセタキセルの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

シェードカーテンhttp://www.monreve-japan.jp/style

カーテン インテリアhttp://www.monreve-japan.jp/

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム