乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌と腸内環境 乳酸菌と腸内年齢

乳酸菌と腸内年齢

腸内に住んでいる善玉菌や悪玉菌の数は100種類100兆個ともいわれ、それらによって腸内細菌叢が構成されています。腸年齢とは腸内細菌叢の状態を表すものです。

善玉菌は便秘の予防や体の免疫力アップ、コレステロールの減少など体にとって有益な働きをするもので、悪玉菌は病気や体調不良のもとになり体にとって有害な働きをします。そのため善玉菌が優勢である腸内環境を維持していくことが腸を若く保つための秘訣になります。

生まれてすぐの赤ちゃんの腸内菌のほとんどが善玉菌であるビフィズス菌で占められていて人間にとってとても理想的な腸内環境となっています。しかしその理想的な腸内環境も大人と同じ食事を始めると、あっというまに善玉菌が減少していってしまいます。そして加齢とともに筋力や体力が衰えて腸の動きが鈍くなり、ストレスや運動不足によって腸内の善玉菌はさらに減っていき、老年期になる頃にはビフィズス菌が完全に死滅してしまう方もいるようです。

人間が加齢と共に老化していくのは避けられないことですが、腸の老化は体質や個人差で大きく変わることが多く、努力によってある程度防ぐことが可能です。食生活や生活習慣の乱れやストレスによって若くても腸年令は60代ということも珍しくないのです。

朝食を抜くことや睡眠不足、運動不足、過度の飲酒や喫煙などの悪い習慣が悪玉菌を増やして腸を老化させています。規則正しくストレスのない生活を心がけて腸を健康に保ち、若いうちから腸の老化を予防していきましょう。

乳酸菌と腸内環境


アピドラ注ソロスター
アピドラ注ソロスターなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

事務服 スカート
事務服のスカートなら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!