乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌と腸内環境 子供の腸内環境

子供の腸内環境

赤ちゃんの腸内には生まれてから一日程度で様々な細菌が住み始め、離乳期を過ぎると腸内細菌の構成はほぼ大人と同じようになるといわれています。

まだ体力や免疫力があまりない子どもにとって、お腹のトラブルは日常的によく起こることです。大人になって体力がついてくると改善されると思っている親も多いかもしれませんが、それでは遅すぎます。

腸内環境を子どものうちにしっかり整えて、健康な腸をつくりあげておくことはとても重要なことです。腸内環境が乱れた状態では免疫力が低下して、この先ずっと病気がちになり苦労することになるかもしれません。

とくに子供の便秘では、溜まった老廃物から有害なガスが発生して肝臓に負担をかけたり、大人になってから引き起こされる大腸がんの元を作り出してしまう可能性もあるのです。最近はテレビゲームや学習などで室内にとじこもっていることが多く、運動不足と低体温によって体の機能がスムーズに働いていない子供たちが多いようです。

こうして腸の働きが弱くなってしまうと体全体が活性化されず、免疫力が低下してしまいます。アトピー性皮膚炎はアレルギーやハウスダストなど様々な原因がありますが、腸内環境も大きく関わっているといわれています。アトピー性皮膚炎は悪玉菌が体内で発生さる有害ガスを体が外に排出させようとして、それが皮膚に表れたものであるという説もあります。

子どもうちに体を十分に動かして汗をかくことは、骨や筋肉、汗腺などが発達していくために重要なことです。子供は子供らしく生活していくことで腸内環境も自然に整っていくのです。

乳酸菌と腸内環境


犬のしつけ教室 ペットホテル東京(羽田空港送迎可)
http://pethoteltokyo.com/

品川 透析
品川で透析なら五反田ガーデンクリニック!

レンタカー鹿児島空港
http://www.dgachn.org/

アレルギー性鼻炎 治療
アレルギー性鼻炎の治療なら医療関係者向けの製品情報サイトで!