乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌と腸内環境 乳酸菌と腸内環境

乳酸菌と腸内環境

人間や動物の腸内にはさまざまな細菌が住みついていて、顕微鏡で見てみるとまるで草むらのようにグループを作っていることから、腸内細菌叢のことを腸内フローラと呼んでいます。腸内フローラは食事やストレスなどで常に変動し、それとともに腸内環境も変化しています。

タンパク質を多く摂りすぎてしまうと、腸内環境が悪化してしまいます。タンパク質は消化酵素によって分解された後アミノ酸になります。腸内細菌は腸内でアミノ酸を分解してアンモニアやフェノール、クレゾール、インドールといった有害物質を作り出し、これらの物質は発ガンを促進させるといわれています。

脂肪が多い食事をとり過ぎると、腸内にコレステロールが増えて胆汁酸の濃度が高くなってしまいます。そして腸内の悪玉菌が二次胆汁酸やコレステロール代謝物を生成するようになることによっても発ガンを促進させてしまうといわれています。

糖質は乳酸菌のエサとなります。中でもオリゴ糖は消化管で分解・吸収されないで大腸内で乳酸菌などの善玉菌に利用されます。とくにビフィズス菌を増やす作用があります。

腸内細菌には体にとって良い効果のある善玉菌と、発ガンを促進させたり成人病などの健康障害を引き起こす毒素を発生させる悪玉菌があり、大便の約1/3は腸内細菌で占められているといわれています。食べるものや生活環境によって腸内環境は常に変化していますので、いつまでも健康で元気に生活していくためには、常に食生活や排泄の状態に注意して善玉菌が優勢な状態を保てるように心がける必要があります。

乳酸菌と腸内環境


ワンタキソテール 副作用
ワンタキソテールの副作用なら医療関係者向けの製品情報サイトで!