乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌と腸内環境 腸のはたらき

腸のはたらき

腸は植物でいうと根の部分にあたります。これは腸が状態が悪いと体全体に影響してしまうということです。腸には大きく分けて8つの作用があり、それぞれ以下のようになっています。

・消化作用
食べものは胃よりも腸で消化される比重の方が大きいのです。腸内細菌は消化管で分泌されている酵素で消化しきれないものを分解しています。
・吸収作用
人間が生きていく上で必要となる栄養素は腸内で吸収されています。
・合成作用
腸内には、ビタミンB2、B6、B12、K、葉酸、パントテン酸、ビオケンといった栄養分を合成する細菌が存在しています。腸内細菌が合成している酵素の種類は、肝臓で作られている酵素の種類よりも多いといわれています。
・代謝作用
体の状態にあわせて栄養を吸収する働きをしています。代謝の割合は入ってくるものと出ていくものが6:4が正常ですが、この割合が狂ってしまうと血清異常や血液障害となる危険性があります。
・解毒作用
腸の中の毒素を無毒する働きをしています。腸の解毒作用が低下してしまうと肝臓や心臓、呼吸器系、皮膚に影響を与えてしまいます。
・造血作用
腸で吸収されるタンパク質によって血液が作られています。よい血液を作るためには最低でも6時間睡眠する必要があるといわれています。
・排泄作用
栄養を吸収して不要となった老廃物や毒素を便として体外に排泄しています。
・免疫作用
腸に住んでいる乳酸菌が分泌するペプチドグリカンは腸から吸収されて、免疫力を高めるための活性物質になります。免疫力が低下するとガンやリウマチ、アトピーなどを引き起こしてしまう恐れがあります。

乳酸菌と腸内環境


孤独死清掃 千葉 特殊清掃 茨城 ゴミ屋敷片付け
http://www.eco-harmony.co.jp/service.html

マイスリー 効果
マイスリーの効果なら医療関係者向けの製品情報サイトで!