乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌を含む食品 キムチ

キムチ

キムチは乳酸菌を含む発酵食品です。キムチに含まれている乳酸菌は、腸内にいる有害な悪玉菌の増殖を抑えて腸の機能を正常にしています。しかしこのように良い働きをする乳酸菌は体内で長い間生き続けることが出来ないため、毎日キムチを食べて健康を維持していく必要があります。

同じような乳酸菌の発酵食品としてぬか漬けがありますが、ぬか漬けは漬けた後にぬか部分を洗い流して食べるため、野菜の表面に付着した乳酸菌を一緒に洗い流している可能性があります。それに比べて、キムチは洗わずにそのまま食べることができますので、乳酸菌を効果的に摂取することができます。

生野菜にはビタミンなどの栄養素が豊富に含まれていますが、漬けもののように一度塩漬けしてしまうとビタミン類が減少してしまいます。それに対してキムチは、発酵する際に微生物の働きによって野菜類に存在しなかった新しいビタミン類が多く作り出されるのです。

塩辛などを混ぜて漬けたキムチは、通常の野菜には含まれていないはずのビタミンB12を含んでいるといいます。このビタミンB12は体内に不足してしまうと、悪性の貧血を引き起こすもので、普通はレバーや貝類などから摂取しています。私たちの体が必要とするビタミンB12はキムチを食べることで十分に補充することができます。このようにキムチは乳酸菌などの微生物によって効率の良いビタミンを作り出しているのです。

また、キムチづくりに欠かせない唐辛子に含まれているカプサイシンは、消化腺を刺激して食欲を増進させる効果や、血管を広げて血流をよくする効果、基礎代謝をあげて体を温める効果があります。

乳酸菌を含む食品


ワンタキソテール 添付文書
ワンタキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム