乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌を含む食品 チーズ

チーズ

チーズは乳製品であり栄養豊富な発酵食品です。チーズは発酵する過程で乳酸菌などの微生物の働きを利用して作られるものです。またチーズはとても優れた栄養食品でカルシウム、たんぱく質、ビタミン類、鉄分などが多く含まれています。また、チーズは牛乳以外でも山羊や他の動物のミルクから作られるものもあり発酵食品としてとても魅力に富んでいます。

チーズは牛乳や脱脂乳、クリームなどを主な原料として凝乳酵素による作用や乳酸菌などの細菌、カビ、酵母などの微生物の働きにで発酵させて製造されるで、ナチュラルチーズと呼ばれています。ナチュラルチーズをさらに加工してできたチーズのことをプロセスチーズと呼んでいます。

ナチュラルチーズは牛乳を発酵させる際に乳酸菌を使用します。同じようにヨーグルトも乳酸菌の発酵によって作られますが、チーズの発酵はヨーグルトの発酵に比べてより活発に乳酸菌が働くので熟成が進められていきます。乳酸菌が生み出すグルタミン酸はチーズのうま味成分となり、チーズは熟成が進んでいるほどグルタミン酸が増えてうま味が増すといわれています。

熟成されたチーズでは、たんぱく質や脂肪分が乳酸菌などの酵素作用で水溶化され、消化吸収されやすいように変化しています。チーズはとても栄養価が高い食品であり、保存にもすぐれています。チーズを毎日食卓に利用して乳酸菌を効率よく摂取して、お腹の調子を整え、肌荒れの改善のために役立てていきましょう。

乳酸菌を含む食品


ナースシューズ
ナースシューズならユニフォーム専門店 e-UNIFORMがオススメ!

ティアモ セール
ティアモのセールならこちらで!