乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌を含む食品 ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルトは、乳酸菌を豊富に含んでいる食品の代表であり、私たちにとってもなじみのある食べ物です。ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加えて発酵させて作られるもので、ヨーロッパのブルガリアでは昔から食べられてきました。ブルガリアの人たち長寿であったことからその秘密がヨーグルトにあると考えられ、注目されることで乳酸菌が研究されるようになりました。

ヨーグルトには、私たちの腸内にもともと生息しているビフィズス菌をはじめとする乳酸菌や、乳酸菌のエサとなる乳糖が豊富に含まれています。ヨーグルトを食べて乳酸菌や乳糖が腸まで達すると、腸内の乳酸菌を活性化させることができます。ビフィズス菌とはじめとする乳酸菌は、胃酸や胆汁によってほとんどが死滅してしまうのですが、これらの死がいは腸まで到達して生きた乳酸菌のエサとなっています。

乳酸菌をヨーグルトから摂るためには1日200〜300g、できれば500gを食べる必要があります。種類によっても違いますが、菌数にすると100〜200億個になります。ヨーグルトは数日間でも摂り続けると腸内環境に変化が見られまが、食べるのをやめてしまうと徐々にもとの状態に戻ってしまいます。毎日100gでも継続して食べる習慣が必要となります。

ヨーグルトは身体にとって有益となる乳酸菌を手軽に摂取することができる身近な食品です。ヨーグルトで乳酸菌の効果を期待するのであれば、長期間続けて摂取していく必要があります。健康が気になるようであれば毎日ヨーグルトを食べることを習慣にしていくと健康効果を実感することができるでしょう。

乳酸菌を含む食品


金持ち父さん貧乏父さんhttp://richidad-office.com/ロバートキヨサキやキャッシュフローゲーム 

不活化ポリオ 副反応
不活化ポリオの副反応なら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ホイールアライメントが調整
について