乳酸菌のヒミツ TOP → 乳酸菌を含む食品 乳酸菌飲料

乳酸菌飲料

乳酸菌飲料は牛乳をはじめとする乳を乳酸菌や酵母によって発酵させたものを加工したり主要原料としている飲料のことをいいます。腸内環境を改善するために乳酸菌飲料の摂取が一役かっています。

乳酸菌は私たちにとって一番身近で有益な微生物です。乳酸菌飲料は乳酸飲料とも呼ばれていて、現在の健康ブームの中で簡単で気軽に乳酸菌を取り入れることができることからとても人気となっています。

健康を維持する効果がある乳酸菌飲料に使われる乳酸菌の条件は、もともと腸に住んでいるものであること、生きたまま腸まで届くものであること、消化管下部で増殖するものであること、腸内バランスを保つ働きや抗菌作用、病原細菌を抑制する作用があることなどがあげられます。

現在私たちがお店で目にする乳酸菌飲料には様々なものがありますが、大きく3つに分けられます。ヤクルトをはじめとする無脂乳固形分が3%以上で、乳酸菌数もしくは酵母数が1mlにつき1,000万個以上である物。またカルピスのように無脂乳固形分が3%未満であり、乳酸菌数もしくは酵母数が1mlにつき100万個以上の物。そして無脂乳固形分が8%以上の乳酸菌飲料があり、これは発酵乳になります

乳酸菌飲料はその甘みとおいしさから多くの方に飲まれていますが、特に乳酸菌を摂ることを前提として飲まれている方は多くはないようです。乳酸菌飲料の種類について理解して健康のために普段から意識して積極的に乳酸菌飲料をとりいれてみてはいかがでしょうか。

乳酸菌を含む食品